社長が、 社員にどうしても 相談したかったこと。③「社長の悩み相談室」やりました。私たちの原動力は「夢中」
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

社長が、 社員にどうしても 相談したかったこと。③「社長の悩み相談室」やりました。私たちの原動力は「夢中」

社長の本心、社員の本心。
クラシエに社名変更して10年めにビジョンを「CRAZY KRACIE」に変えました。「世界を夢中にする100年企業」への歩みに対する社長の想いは、みんなの想いと一緒になってきているでしょうか。社員の行動が企業活動として見えるようになってくるともっと私たち自身にも自信がつくでしょうし、仲間としての信頼感にもつながりパワーアップしていけそうな気がしました。今回の「社長悩み相談室」での社員と社長とのやりとりからそんなことを感じています。

2020年11月、全社員に岩倉社長が悩みを打ち明けました。アドバイスをくれたのは180人。全回答を岩倉社長が読みました。「聞いてもらってよかった」と社長に言っていただけたのですが、また次はあるのでしょうか。
本心は本心とつながれたか?3回に分けご紹介してきました最終回です。 ぜひお読みください。

悩み6 みんなが動くために私ができることは何ですか?

画像1

「CRAZY KRACIE」を掲げた理由の一つは、社員がもっと働くことが楽しいと思ってほしいという気持ちでした。いろいろな種類のCRAZYがあってよいという話を以前しましたが、もっと社員のみんなに夢を持ってほしい、そのための欲を出してほしい。そして「夢中になれる明日」をつくってほしい。その実現のために私ができることはありますか?

・「夢をもって」より、「こういう夢がある」という人がいればサポートする仕組みが重要。(いーちゃん/44歳)

・日々の業務に追われ「夢を語る場」を持てずにいます。時間を割いて、腹を割って、まずは親しい人たちから話せる場面があれば、少しは「明日」を考えられる気がします。(M/31歳)

・社長自身の夢中になれる明日やCRAZYが社員からわかる、見えるようになることではないでしょうか。スローガンの理解が難しいこともある。誰かの体現が誰かを救う気がする。(スイミー/25歳)

・楽しい。確かに良い言葉。しかし、今のクラシエでは嫌いな言葉かもしれません。クラシエは「楽(らく)」が多いのでは。本当に和気あいあいとするには個々のスキルが低い? スキルがあるものが集まれば本当に楽しいですよ! 若いメンバーに権限を与え責任をもって仕事をさせる。成功も失敗も経験し権限の重要性=決断力を身につけ、結果に対し責任を持つ。これを経験させないと仕事は面白くない!(superbear/51歳)

・上司・先輩に負けることは当たり前と思いたくないです。勝ち負けで表現するのは間違っているかもしれませんが…。社長だけでというよりは社員一丸となって活気のある職場に変わる努力をしたいです。(やす/28歳)

夢中な人を増やすことに私は夢中です。みなさん、一度は経験しましたよね。真剣に取組めば取組むほどうまく進まない、正直苦しいことの連続です。でも、ここを突き抜ければ心の底から笑顔になれます。すべての人に良い会社ってないんですよ。だから、共通の原動力がないと。私たちの原動力は「夢中」です。「夢中になれる明日」をつくるCRAZYな仲間、そんな仲間たちとつながる会社でありたい。(岩倉)

聞いてもらって、よかった。対話を続けていきます。

画像3

多くの回答をいただきました。本当に感謝します。ありがとうございました。背中を押してもらったコメント、的確なアドバイス、耳が痛くなる厳しい指摘、そこには、回答がなかった社員の声も、きっと含まれているでしょう。 

 自分の考え、想いが正しく伝わっていないのは私の責任です。伝え、対話し、つながり、変化し、価値を生み出す。コロナ禍で直接伝えるには制約がありますが、できる限り現場で伝えていきたい。世界を夢中にする100年企業への私の想い、ぜひ聞いてください。そして聞かせてください、みんなの描く「夢中になれる明日」を。(社長/59歳)

「CRAZY KRACIE」をビジョンとして掲げてこの9月で5年目に突入しました。そしてCRAZYになって私たちが何を目指そうとしているのか、昨年「夢中になれる明日」というコーポレートスローガンをみなさんとの約束として改めて表明しました。

その中で、この1年でグループ全社での新しい活動も少しずつですが始まりました。これらについては改めてご紹介したいと思っています。社員として、考える時間、心の準備をする時間をしっかりもらえたと思うので、行動に移さないといけないですね。「夢中」を原動力に!

社長が、 社員にどうしても 相談したかったこと。①「社長の悩み相談室」やりました。上司はポンコツ!?
https://note.kracie.co.jp/n/n623848866296

社長が、 社員にどうしても 相談したかったこと。②「社長の悩み相談室」やりました。みんなが会社の将来を考えた3年間
https://note.kracie.co.jp/n/n355412621915

画像2


この記事が参加している募集

オープン社内報

よろしければシェアもお願いします!
みなさんの「夢中になれる明日」をつくるクラシエが世の中の夢中と、人の夢中を観察しながらみなさんと一緒に考えていきたいと思っています。そのために行っている社内の改革や考え方も紹介中です。 https://kracie.co.jp/muchu/