【夢中dentプロジェクト】捨てられなかった想い、「好きだから」勉強したい。
見出し画像

【夢中dentプロジェクト】捨てられなかった想い、「好きだから」勉強したい。

夢中になれる明日 by Kracie

何かに夢中な若者【夢中dent】に密着取材し、夢中の魅力や、夢中に対する想いを世の中に広く発信する本企画。3人目は、勉強に夢中な大村優智夏さん。ご家庭の事情で、中学卒業後から社会人として働き始めた大村さん。それでも勉強への情熱を絶やさず、大学入学に向けて日々机に向かう理由をお聞きしました。

「働き始めたのは16歳から。中学校の先生に、地元の飲食店を紹介してもらって。その頃は1人暮らしも始めたので、正直、生きていくのに精一杯でした。それでも、小さい頃から読書が好きで、知的好奇心があるタイプだったので、高校や大学で学びたいという意欲は消えなかったんです」。勉強して、わからないことがわかるようになる感覚が好きと話す大村さん。19歳の時に高卒認定試験に向けて参考書を揃え、20歳で見事合格。21歳のいまは来年のセンター試験に向けて、1日8時間以上は勉強に充てているそう。そんな夢中の原動力は、「エンジニア職に就いて、自分のスキルで誰かの役に立つ」という夢を思い描くことにあると言います。


「勉強をしていて、物理嫌だなとか、数学怖いとか、もう無理だ…と思うことはよくあります。でも、それらがわかるようになれば、エンジニア職で役立つ知識が手に入る。その知識を使えば、より独創的で自由に創作できると思うんです。だから、勉強が理解できなくて泣くこともあるけれど、やりたいことのために乗り越えたい」。どんな困難があっても、夢中になれることに一直線で突き進む大村さん。その目はきらきらと輝いていました。

大村さんの進路や、これからの夢は、今後noteや3月公開予定の冊子にてご紹介します。

取材場所協力:北部交流センター「えんてらす」


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!!
夢中になれる明日 by Kracie
みなさんの「夢中になれる明日」をつくるクラシエが世の中の夢中と、人の夢中を観察しながらみなさんと一緒に考えていきたいと思っています。そのために行っている社内の改革や考え方も紹介中です。 https://kracie.co.jp/muchu/