見出し画像

夢中はどこか、宇宙に近い。

夢中は、人の中にある。宇宙は、地球の外にある。
だけどその2つは、けっこう近いんじゃないかと思うんですよ。

例えば…まだまだ解明されてないこと。宇宙の始まりは何?と言われても答えられないように、夢中の始まりって何?と言われてもちょっと答えられませんよね。

これで終わりという果てがないところも、近い。宇宙には果てがあるのかもしれませんが、まだ誰もそれを見たことがない。夢中の果てを見た人も、実はまだどこにもいないのではないでしょうか?

絵や物理や化学、天文学、数学、建築…あらゆる方面に才能を爆発させたレオナルド・ダ・ヴィンチの夢中は、どこまでも広がって止まることがなかったはず。

引力があるところも、近い。宇宙の引力といえばブラックホールですが、夢中も「夢中になろう!」と頭で考えるより、引力のように逆らえずいつの間にか夢中になってしまうもの。
まさに夢中ってブラックホール。

そして宇宙には無限の星があります。一つひとつが太陽みたいにキラキラ燃えて輝いています。
夢中にも無数のキラキラがあります。

スポーツや趣味はもちろん、ダンスや俳句やコスプレや、アリの巣や苔や井戸や道路の標識や段ボールや地図などなど・・・私たちはいつどんなものにも、いくつでも、キラキラと夢中になっていいのです。正解も限界もどこにもありません。

だからこそ
宇宙のための観測所があるように
夢中のための観測所だって必要だ。
と私たちは考えます。ちょっと強引ですかね?

クラシエはくらしを名前にした会社です。

くらしの中に夢中がたくさんあると人はどこまでも幸せになれると私たちは思います。便利やお得、安心や安全はもちろん大切。でもこれからは毎日を楽しく豊かに充実させる夢中を、たくさんの人のくらしの中に増やしたいのです。
 
そのためにもっと夢中を観測したい。夢中について考え続けたい。
ムダに思えるものごとにも夢中は隠れているし、子どもたちの無意識の行動にこそ、大人に必要な夢中があるかもしれません。

ひとつ言えるのは、夢中になれることがひとつでもあれば、人のくらしはだんぜん素敵になるということ。
 
くらしの夢中観測所。
ここからさまざまなクラシエ社員や社外のプロフェッショナルと一緒になって世の中の人々の夢中を、どこまでも見つめていこうと思います。

人間にとって夢中とは何かを考え、今みんなが夢中になっているものをリサーチし、世界各地の夢中も取材して、未来が求める、まだ見ぬ夢中を創造していきます。
 
くらしの中に無数に散らばる、たくさんの夢中から見えてくるヒントは、きっと人類にまだ見ぬ幸せをくれるはず。
人類が宇宙でくらす未来も近づいていますが、人類が夢中でくらす時代も、きっとすぐそこです。

お楽しみに!


よろしければシェアもお願いします!
14
みなさんの「夢中になれる明日」をつくるクラシエが世の中の夢中と、人の夢中を観察しながらみなさんと一緒に考えていきたいと思っています。そのために行っている社内の改革や考え方も紹介中です。 https://kracie.co.jp/muchu/

こちらでもピックアップされています

くらしの夢中観測所
くらしの夢中観測所
  • 16本

夢中って何?人はなぜ夢中になるの?世の中が求める夢中って?…くらしを幸せにする夢中を、ゆるめに観測していきます。

コメント (1)
すみません。今回初めて、クラシエさんがくらしを名前にした会社だと正式に知りました。。文言から何となく、そうかなと思っていたのですが。。。「夢中」がブラックホール。確かにそうですね。「夢中」について少し考えてみたいなと思いました。これからも楽しみにしています!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。