【夢中dentプロジェクト】「もう一度撮ってみよう」あきらめたくないカメラの夢。
見出し画像

【夢中dentプロジェクト】「もう一度撮ってみよう」あきらめたくないカメラの夢。

夢中になれる明日 by Kracie

何かに夢中な若者【夢中dent】に密着取材し、夢中の魅力や、夢中に対する想いを世の中に広く発信する本企画。その1人目は、カメラに夢中な大学生の田中里奈さん。「友達に着物を着てもらい、和風な写真を撮りたい」ということで、浅草で撮影をしつつ、お話を伺いました。

「将来はスチールカメラマンとして、映像と写真に関わりたい。撮られる側も撮る側も楽しめる撮影がモットーです」と語る田中さん。とにかく撮ることが大好きで、浅草でも写真撮影に苦労している人たちに声をかけ、カメラマン役を買って出る姿が印象的でした。


しかし、実は最近までカメラに触れることすら出来なかったとのこと。「ゼミの撮影をしていたある日。体調不良とプレッシャーが重なり、突然、自信がなくなりました。それからカメラに触れなくなり、外に出るのも怖くなって…。1か月、家に引きこもっていたんです。このままではまずいと思い、何とか病院に行くと、適応障害と診断されました」。

「もう一度、カメラを触ってみようと思えたのは…この【夢中dentプロジェクト】がきっかけです。何かきっかけが欲しくて応募してから、久しぶりにカメラを手に取り人物を撮りました。でも、120枚撮って3枚くらいしか納得のいくものが撮れず…。そんな時に【夢中dent】に採用された連絡が来て、うそでしょ!と思っちゃいました」。一度はカメラの夢をあきらめることも考えたという田中さん。しかし、同プロジェクトをきっかけに少しずつ立ち直り、いまでは「カメラマンになる」と胸を張って宣言できるまでに。彼女の夢はまだまだ続いていきます。

田中さんがカメラに夢中になった理由や、これからの夢は、今後noteや3月公開予定の冊子にてご紹介します。お楽しみに!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!
スキありがとうございます!!
夢中になれる明日 by Kracie
みなさんの「夢中になれる明日」をつくるクラシエが世の中の夢中と、人の夢中を観察しながらみなさんと一緒に考えていきたいと思っています。そのために行っている社内の改革や考え方も紹介中です。 https://kracie.co.jp/muchu/